メインコンテンツへスキップ

ブログ

  • 新築住宅関連情報

断熱性・気密性とは?I’m home!の家づくり

よく家づくりの中で「断熱性が高い家」「気密性が高い家」という言葉を耳にすることがあると思いますが、実際どういう意味なのでしょうか?
なんとなく「冬暖かく、夏涼しい」ってことをイメージしても、どういう理由でそうなるのか、もっと分かりやすく・・・お客様と会話をしているとよく質問をいただきます。

そこで今回は、断熱性・気密性について、難しいことは省きつつ、分かりやすく意味を解説します。

そして、「ただいまぁが行き交う家づくりアイムホーム」では、どのような家づくりなのか実際の写真とともにご紹介します。

断熱性とは?

書いて字のごとく、熱を断つという意味で「断熱」です。

住宅における断熱性とは、外気に影響されることなく、暑さや寒さから室内を守るという意味で用いられます。

ただ、光(日光)を遮断するわけではなく、外の熱を断つわけなので、断熱性の高い家は一年中通して快適に過ごせるというわけです。

しかし、いくら断熱性が高くとも家に隙間があると、そこから空気の漏れが生じてしまいます。

そこで断熱性以上に重要なのが、気密性です。

気密性とは?

気体を逃さないよう密閉した状態を、気密といいます。

家の中を一つの気体と考えた時に、気密性の高い家とは、密閉率の高い家であり、暖かい空気を逃さない・入れ込まない、寒い冷気を逃さない・入れ込まないということです。

断熱性や気密性が高い家とは?

  • 夏涼しい
  • 冬暖かい
  • 冷暖房費用が抑えられる
  • 結露しにくい
  • カビやダニの発生を抑制でき、快適な家を長持ちさせる

高断熱・高気密であれば、夏涼しく・冬暖かい家であり、冷暖房を使う際にも、少ないエネルギーで済むので、ランニングコストを抑えられた省エネ住宅であるというわけです。

「I’m home!ただいまぁが行き交う家づくり」の住宅商品は、政府が推進しているエコ住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)」と同レベルの高断熱・高気密を実現し、

  • LIXILの高性能複層ガラス「EW-PG」と、トリプルガラス「EW-TG」 を標準の窓に設定
  • 395mmビッチに断熱材を入れ
  • サッシまわりに気密テープを貼る

を標準仕様としています。

ここからは実際の写真をご覧ください。

TORAYの収縮性・耐久性にも優れたSUPERコートMAXを採用し、透湿・防水・防湿を実現しています。

さらに、旭化成のネオマフォーマで、高断熱・耐熱焼性能を確保。

断熱材もたっぷり隙間なく入れ込んでいます。

さらに、隙間を作らないよう気密テープでしっかり隙間を塞ぎ、気密性を確保しています。

また、内側だけでなく、しっかり外側もカバーし、高気密高断熱を実現しています。

もちろん、窓ガラス・サッシもぬかりはありません。

今回は断熱性・気密性について当社の住宅商品と合わせて、分かりやすくご紹介しました。
その他、気になることございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

ただいまぁが行き交う家づくり I’m home!

当社では家づくりで一番重要な「お金」について学ぶ機会を開催しています。
詳しい情報は ブログへ

資料請求・お問い合わせは こちら